東京喰種の原作者・石田スイの印税がデビュー作なのにハンパない

漫画「東京喰種」を、あなたはご存じでしょうか?

漫画家石田スイのデビュー作であり、映画化も決まっている人気作品です。

では、「東京喰種」の作品はどんな内容でしょうか?

そして、印税はいくらぐらい稼いでいるのでしょうか?

 

漫画「東京喰種」ってどんな作品?

 

 

 

 

 

 

 

ストーリーとしては、こうです。

人間の社会に、人を食らう正体不明の怪人「喰種」が紛れ込む東京

大学生のカネキは喰種のリゼに襲われるが、突然の鉄骨落下によって食われずにすむ。

しかし、彼女の臓器を移植され、そのことが原因で半喰種になる。

それから始まる、カネキの恐怖と苦悩にあふれた日々……

スポンサードリンク



週刊ヤングジャンプ(集英社)にて、2011年から連載を開始しています。

「東京喰種」は、漫画「キングダム」と漫画「テラフォーマーズ」と並び、看板作品であります。

 

漫画「東京喰種」の作者ってどんな人?

漫画「東京喰種」の作者さんは、漫画家石田スイさん。

この作品がデビュー作であり、初の連載作品です。

 

2010年に、ヤングジャンプのMANGAグランプリ(月例第113回)にて「東京喰種」が受賞。

 

漫画「東京喰種」っていくらぐらい稼いでいるの?

スポンサードリンク



漫画「東京喰種」の印税を語る前に、「印税」についてお話ししましょう。

印税とは、例えば一冊の値段が「100円」の場合、「10円」が作家の収入になります。

しかし、10円だけでは作家は生きていけません。

そこに、発行部数をかけることで、印税の額はわかります。

 

まず、漫画「東京喰種」の一冊の値段は、555円。

漫画「東京喰種」の発行部数は2000万部。

そして、かけるパーセンテージは0.1。

つまりは……

 

2000万(発行部数) × 555(円) × 0.1(パーセンテージ)=11億1000万

 

ということになります。

 

まとめ

漫画「東京喰種」と言えば、青年漫画であり、サスペンス・ホラーの要素も入っていれば、ダーク・ファンタジーであり、そしてバトルアクションでもあります。

最近は漫画の実写映画化が流行っていますが、実写映画化のブームでなくても漫画「東京喰種」は実写化されたことでしょう。

それだけ、漫画「東京喰種」は広い世代に幅広く人気ですから。