映画監督の印税はどのくらいもらえるのか?調べてみた結果…

映画監督と言えば、日本だけでも名だたる名監督がいますね。

その中でも有名人といえば、「黒澤明監督」、「北野武監督」などなど、挙げたらキリがありません。

では、映画監督にとって印税はどのくらいの割合で、収入となるのでしょうか?

 

黒澤明監督で例えるとどうなるの?

監督黒澤明さんと言えば、国内外でも高い人気がある監督さんの一人であり、日本を代表すると言っても過言ではありません。

代表作と言えば、「羅生門」、「生きる」、そして「七人の侍」などなど……

映画監督として初の「文化勲章」受賞など、国からも高く評価されています。

また1999年では、「タイム(米週刊誌)」のアジア版にて「今世紀最も影響力のあったアジアの20人」として、選ばれています。

 

スポンサードリンク



また、説明としては、

「映画監督の仕事(http://careergarden.jp/eigakantoku/salary/)」というサイトによると。

駆け出しの監督が商業映画を作成した時(スポンサーがきちんとついて)、だいたい収入が400万前後だと言われています。

 

黒澤明監督の場合では、1本撮影するだけで1000万円はくだらないと言われています。

(これは監督としての名前が注目を集めるからです)

 

また、こんなデータもあります。

映画監督の標準年収としては、

1年目  100万円

5年目  300万円

10年目 500万円

だと言われています。

統率力があり、企画力があり、体力がある人に向いている映画監督。

 

それはつまり、自分から動ける人というキーワードに当てはまる人のことです。

映画監督も楽ではありません。

スポンサードリンク



それから、映画監督だけでは食べていけないという現実があります。

ほとんどの人は、CM撮影や学校などの講師といったアルバイトをする必要があります。

そのため、

・1年間にいくつも撮れない

・資金集めが厳しい

といった現実もあります。

 

まとめ

「映画監督」と言えば、それは華々しいイメージがありますね。

しかし、その裏では厳しい世界が待っています。

それでも、その世界を突き進むというのは、とてもかっこいいことだと思います。