ハイキューの漫画原作者の古館春一の印税はいくらか?

「ハイキュー」という漫画をご存じでしょうか?

漫画家、古舘春一さんが週刊少年ジャンプで描く、高校バレーボールのお話です。

 

アニメ化もされており、少年ジャンプの中でも人気の漫画として有名です。

ちなみに「ハイキュー」のタイトルの由来は、バレーボールを意味する熟語の「排球」が元ネタとのこと。

まぁ、わかりますよね。

 

それでは、前置きはこのくらいにして、

この「ハイキュー」の作者の古舘春一さんはどんな人で、どれだけ印税を稼いでいるのか調べてみました。

 

ハイキュー原作者の古館春一はどんな人物か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



古舘春一さんは、高校を卒業するまで岩手県に住んでいたそうです。

 

その後、週刊少年ジャンプの編集部に漫画の持ち込みをしたのは、初めての持ち込み者としては遅い方だったらしいです(25歳くらい)。

 

そして第14回JUMPトレジャー新人漫画賞(2008年8月期)で、「王様キッド」という作品で佳作を受賞しました。

 

初めての連載作品は、「詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。」で、2010年の13号から31号まで連載をしていました。

 

「詭弁学派、四ツ谷先輩の怪談。」が終了すると、ずっと目標であったバレーボールの世界を書きます。

それが、「ハイキュー」なのです。

古館春一のハイキューはどんな漫画なのか?

スポンサードリンク



宮城県の烏野高校バレーボール部のエースであった「小さな巨人」という呼び名の人物に憧れ、バレーボールを始める日向翔陽。

彼は稀に見る運動神経を持っていたが、中学時代には自分以外の部員がいなかった。

その後中学3年生になり、ようやくメンバーを集めて公式戦に出場するも、「コート上の王様」と呼ばれる天才セッターの影山飛雄に負ける。

日向は影山にリベンジするために、憧れの烏野高校のバレーボール部に入部する。

そして日向と影山は、互いにぶつかり合うものの、個性豊かな仲間たちとともに全国大会を目指す。

 

ハイキューで古館春一が稼いだ印税はいくらか?

それでは、このブログの本題であるハイキューの印税について書いていきます。

 

「ハイキュー」はとても人気のある漫画の一つです。

2017年2月では、約2100万部売り上げたそうです。

 

では、その印税は一体いくらぐらいなんでしょうか?

印税は主に、価格の10パーセントが漫画家の収入になります。

ということは……

 

2100万(発行部数)×420円(価格)×0.1(パーセント)=8億8200万円

 

まさに、印税暮らしができる額ですね!

 

ちなみに、こちらの金額はコミックのみの印税となり、

週刊連載分の原稿料やアニメ化版権、グッズなどの収入は含まれていません。

 

ハイキューの古館春一の印税まとめ

「ハイキュー」は、コラボやタイアップを何度もしている、今では有名な漫画です。

 

実在する高校や大会を描いているため、いわゆる「聖地巡礼」という言葉も「ハイキュー」に関連しています。

できることなら、この漫画の世界に飛び込んでバレーボールをしてみたいものです。

少年漫画も青年漫画もオンラインコミックを100円レンタル、電子貸本Renta!

スポンサードリンク