ラノベ作家の印税は稼ぐことができるのか?

小説というジャンルで、近年注目を浴びているのは「ライトノベル」でしょう。

サイズは文庫本で、有名な賞で言えば

 

・角川スニーカー文庫

・富士見ファンタジア文庫

・MF文庫J

・電撃文庫

・ファミ通文庫

 

などがあり、年々投稿作品数もうなぎ上りで、「ライトノベルでデビューしたい」という新人さんも多くいます。

では、ライトノベルの印税はいくらくらいなんでしょうか?

 ライトノベルの印税と生活について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作家がもらえる印税は、約10パーセントだと言われています。

出版した本が、例えば1冊500円だとすれば、作家の収入は1冊あたり50円もらえます。1万部売れたとしても、50万円だけです。

 

年収300万円ぐらいが欲しいとして、それなら1年に何冊出版するべきか?

答えは6冊かそれ以上です。

 

つまり、2か月に1冊を出版しなければ食べていけませんし、それこそ筆が遅い(遅筆の)人だと苦労が絶えません。

 

作家だけで食べていくのは、それこそ、苦労の塊とも言えます。

なぜなら、書かないと出版されないので、そうしたら印税なんて入ってきません。

例えば、超売れっ子のライトノベル作家さんだって、初めは何年も売れずに働きながら書いていたという話は有名です。

「楽して生きていきたい」

でもそれは、かなりの賭博人生です。

 

もし家族を養わないといけないのならば、それこそ、毎日無理をしてでも書かないといけないのです。

ライトノベルの印税についてのまとめ

どんな職業にだって、「下積み生活」は必要不可欠であり、避けられません。

 

下積み10年なんて人もいれば、下積み1年でスピードデビューなんて人も中にはいます。

しかし、それでも安定して食べていけるわけではありませんので、かけもちして働くことをおすすめします。

 

「印税で暮らしたい!」

誰だって1度はそう考えますが、ライトノベルだけではなく、一般文芸、または漫画だってそんなうまい話はないのです。

 

それに、一日中机に向かっているよりも、外に出た方がいいアイディアだって浮かぶかもしれません。

「継続は力なり」

とは言いますが、継続に勝るものはありません。

1ページでも書けなければ、この世界は苦しいのです。