桜井画門の亜人の印税がイロイロ凄すぎる

漫画「亜人」という作品を、ご存じでしょうか?

そもそも「亜人」とは、「人間と似ているようで似ていない伝説の生き物」だと言われています。

また、「異人」という意味もあります。

では、漫画の「亜人」とはどういう作品なのでしょうか?

 櫻井画門の亜人はどういう内容なのか?

漫画「亜人」は、アクション漫画です。

桜井画門さんによる作品です。

「goodアフタヌーン(講談社)」に、2012年から連載されています。

 

あらすじは、まず17年前のアフリカが発端です。

アフリカにて死ぬことのない生物「亜人」が発見されます。

それから17年後の日本にて。

友達と歩いていた永井圭は事故死するが、なんと生き返る。

彼は亜人であったのだ。

それから、政府から追われることとなり、彼と彼の周囲の人間が動いていく……

亜人の原作者の桜井画門はどんな人?

スポンサードリンク



1986年12月、東京出身の漫画家さんです。

2006年のアフタヌーン四季賞に佳作、2008年に「亜空耳」で受賞します。

元々はタッグを組んでいましたが、現在は一人で「亜人」を連載しています。

影響を受けた漫画家としては、「岩明均」「大友克洋」「江川達也」などなど。

 桜井画門原作の亜人の印税はどのくらいなのか?


漫画や小説で気になるものの一つとしては、「印税」があるだろう。

印税とは、例えば単行本の値段が「400円」の場合、「40円」が作者の懐に入ります。

では、漫画「亜人」はどれだけ儲けているのでしょうか?

 

まず、漫画「亜人」の発行部数は、とあるデータによると400万部。

漫画「亜人」の一冊の値段は637円。

印税としてかけるパーセンテージは、0.1。

つまり……

 

400万(発行部数) × 637(円) × 0.1(パーセント)=2億5480万

 

と、いうことになります。

桜井画門の亜人の印税まとめ

漫画「亜人」の既刊は、1017年で10巻。

10巻で、2億円……って! かなりすごいですよ!

これはぜひ読んでみないといけませんね!

さあ、あなたも書店へGO!