Blue Giantの石塚真一の印税はどのくらい稼いでいるのか?

漫画「Blue Giant」という作品を、あなたはご存じですか?

音楽、青年漫画のジャンルであり、マンガ大賞2016年3位。

2017年には、「小学館漫画賞(一般向け、第62回)」、「文化庁メディア芸術祭マンガ部門(第20回)」を受賞しています。

では、どんなストーリーなんでしょうか?

また気になる、印税は?

 

漫画「Blue Giant」のストーリーってどんなもの?

 

 

 

 

 

 

 

漫画「Blue Giant」は、主人公の高校生がライブハウスでジャズ演奏を目にし、サックスプレーヤーを目指すという主旨です。

将来何になりたいのか?

何をしたいのかがはっきりしていなかった主人公。

だからこそ、初めて聞いたジャズ演奏に惹かれたのです。

スポンサードリンク



この「Blue Giant」で、ほかの作品にはない珍しいものがあります。

それは、この「Blue Giant」の担当編集者さんが、「ヤマハ大人の音楽レッスン」で音楽に挑む企画。

栗原健さん(サックス奏者)が奏者の視点から漫画について述べる漫画を連載しているところです。

 

ちなみに、作者石塚真一さんが選んだジャズの曲をまとめた、コンピレーションアルバムが発売されています。

(発売元 ユニバーサルミュージックより)

マンガの雰囲気と相まってかなり良いのでお勧めです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
『ブルージャイアント』コンプリート・エディション
 

漫画「Blue Giant」の作者石塚真一さんってどんな人なの?

漫画家石塚真一さんと聞いて、「あれ?」と思った方もいるかもしれません。

この石塚真一さんの代表作と言えば、小栗旬さんで映画化もされた、「岳 みんなの山」です。

 

仕事場とされているマンションには、布団などを置いていなくて、登山用の寝袋で仮眠を取っているという、ちょっと変わった漫画家さん。

しかし、「岳 みんなの山」で表現された、「山の魅力」や「生死を賭けた救助」、そして「細やかな人間模様」などなど……

漫画家石塚真一さんは只者ではなく、表現力に長けた漫画家さんの一人であり、今度は音楽の世界を描いたのです。

(ちなみに、連載期間は2013年から2016年まで)

 

漫画「Blue Giant」の印税って、どのくらい?

スポンサードリンク



全部で10巻の漫画「Blue Giant」。

累計販売部数は150万部を超えるとのこと。

 

そうなると印税もすごいことになります。

印税は0.1をかけるとおおよその印税がわかります。

 

部数150万×0.1×単価約600円=9千万円

 

なかなか、スゴイ部数ですよね。

まだまだ新作が出そうな雰囲気ですので、今後の活躍が期待できます。