GANTZの作者奥浩哉の印税収入がとんでもないことになっていた件

あなたは漫画家の奥浩哉さんをご存じでしょうか?

漫画「GANTZ」の作者であります。

では、この漫画「GANTZ」はどんなストーリーでしょうか?

そして、気になる印税は?

一体いくらくらい稼いでいるのでしょうか?

 

漫画「GANTZ」のストーリーって? どんな作品なの?

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



漫画「GANTZ」は、SF・青年漫画です。

週刊ヤングジャンプにて2000年から連載し、2013年にて完結を迎えました。

 

あらすじは、こうです。

主人公玄野計は、ひょんなことから加藤勝とともに駅のホームで酔っ払いを助けようとします。

しかし、それに失敗し、二人は電車にはねられます。

でも二人は次の瞬間、マンションの一室にいた。

そこには、主人公たちのように死んだはずの人たちが集まっていたのです。

そして、「ガンツ」と呼ばれる球体からの指示で、「星人」を倒していく……

というのが、おおまかなストーリーです。

 

漫画家奥浩哉さんって、どんな人?

元々、特徴的なタッチの描写力の持ち主の、漫画家奥浩哉さん。

影響を受けた漫画家さんは、大友克洋さんや池上遼一さんなどなど。

代表作は「GANTZ」と思われがちですが、その前に2作品の本を公表しており、この2作品の成功によって名を知られることとなりました。

 

元々は、高校時代から考えていた「必殺仕事人」にSFテイストを混ぜた物語です。

「正義とは何なのか?」

「正義はあるのか?」

というテーマが、漫画「GANTZ」のテーマだそうです。

 

スポンサードリンク



漫画「GANTZ」の印税っていくらくらい?

まず、印税についてお話する前に、印税の仕組みをお話しします。

作家の収入である印税は、例えば、作品一冊の値段が「100円」の場合、収入として作家の懐に入るのは「10円(1割)」ということになります。

そこに、漫画「GANTZ」の一冊の値段は648円。

累計発行部数は、だいたい2200万部前後。

つまり、計算式としては……

 

2200万(発行部数) × 648(円) × 0.1(パーセンテージ) =14億2560万

 

ということになります。

 

まとめ

漫画「GANTZ」のは、全部で37巻。

稼いだ金額が、1、14億って、すごすぎるでしょ!

これは早速読まないと!

さあ、あなたも書店へGO!