斉木楠雄のΨ難の原作者麻生周一の印税が地味にヤバイ

漫画家、麻生周一さんをご存じでしょうか?

代表作は「斉木楠雄のΨ難」という作品であり、アニメ化、小説化、実写化、ゲーム化など広い世代から支持されています。

では、早い話……アニメ化からゲーム化まで広く人気のある「斉木楠雄のΨ難」は、一体どれだけ印税で儲かっているのでしょうか?

 

漫画家麻生周一さんってどんな人?

漫画家麻生周一さんは、元々はストーリー漫画志望でした。

「麻生周一」とは違う名義で投稿し、最終候補まで残ったこともあります。

(ちなみに持ち込みの経験はないそうです)

 

ある時、「勇者パーティー現る」を一週間で書き上げ、結果それが赤塚賞にて準入選します。それをきっかけに、ストーリー漫画からギャグ漫画に向きを変え、今に至ります。

そして「ぼくのわたしの勇者学」、「新世紀アイドル伝説 彼方セブンチェンジ」の連載を経て、「斉木楠雄のΨ難」を執筆しています。

 

「斉木楠雄のΨ難」ってどんな作品?

スポンサードリンク



2012年24号のジャンプから連載している今作。

内容は、超能力者の主人公、高校生の斉木楠雄のギャグ漫画。

 

超能力者である、とある男子高生の斉木楠雄。

彼は自分が超能力者であることがばれないように、もめ事などの目立つようなことはしない生活を送っていた。

だが、斉木は学校で一番の馬鹿である燃堂力といわゆる中二病の海藤瞬、そして斉木の超能力を偉大なイリュージョンと勘違いし彼を師匠と慕う蝶野雨緑と出会います。

(高校一年生のエピソード)

(本編は高校二年生から始まります)

 

この作品は、いわゆるサザエさん方式であり、作品は掲載時の季節などを描きます。

ですが、斉木たちは高校二年生のままです。

 

「斉木楠雄のΨ難」ってどのくらい印税で儲かっているの?

スポンサードリンク



漫画化はもちろん、小説家、アニメ化、実写化、ゲーム化と幅広く活躍している本作。

じゃあ、どれぐらい儲かっているのでしょうか?

 

通常の印税とは、約10パーセントが計算式に入ります。

それに発行部数と漫画一冊の値段が入ります。

14巻の時点で、累計発行部数は330万部突破していますので、

つまり……

 

420(円) × 0.1(パーセント) × 330万(発行部数)=1億3860万

 

ということになります。

 

まとめ

漫画家麻生周一さんは、2017年4月の時に「斉木楠雄のΨ難」の21巻を記録しております。

計算式に使用したものが14巻の時なので、つまりもっと稼いでいるのです。

それだけ広く読者に愛されていて、とても幸せな作品の一つとも言えますね。