西尾維新は実は驚愕の印税報酬を受けていた!?

ライトノベル、小説、漫画原作……いろんなジャンルで「伝説」を書き残す作家の一人、西尾維新さん。作家業界では「恐ろしいほどの速筆」と呼ばれ、ここでも「伝説」を残す西尾維新さんをご存じの方もいらっしゃると思います。

では、西尾維新さんの印税とは、計算するとどのくらいなのでしょうか?

 

ベストセラー作家の西尾維新の作品とは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク



速筆で有名な西尾維新さんは、短期間で多数の作品をかき上げることで有名です。

まず、作品を挙げると……

・戯言シリーズ

・JDCトリビュート

・世界シリーズ

・りすかシリーズ

・〈物語〉シリーズ

・刀シリーズ

・伝説シリーズ

・忘却探偵シリーズ

・美少年シリーズ

……などなど、これらのほかにも数えきれないほどのシリーズを執筆されています。

全部合わせると、両手では数えきれないほどあります。

西尾維新の印税はいくらになるのか?

スポンサードリンク



では、西尾維新さんはどのくらい稼いでいるのでしょうか?

まず、小説家の印税は、一冊の値段の約5~10パーセントだと言われています。知名度がありますので、パーセンテージはもしかしたらそれよりも上かもしれません。

 

西尾維新さんの本は、1冊の値段に差があるため一言に「1冊あたり○○円」とは言えません。

では、どう計算しましょうか?

とりあえず、西尾維新さんの本を検索してみて、値段を確認してみます。

すると、1000円以上だったり1000円以下だったりしますので、とりあえず「1冊の値段を1000円」と仮定します。

印税の計算する上で必要なパーセントも、上下するとは思いますが、知名度も考慮して10パーセントで考えてみます。

計算式を組み立てると、

 

1000(円)×0.1(パーセント)×発行部数

 

となります。発行部数はあくまでネット上の調査に頼りますが、それによると合計で約700万冊です。

つまり、こうなります。

 

1000(円)×0.1(パーセント)×7.000.000(冊)

=700.000.000円

(7億円)

 

となります。

7億円!

これはまさに、大御所作家の名前にふさわしい額です。

 

西尾維新の印税についてのまとめ

近年では、続々と専門学校に「小説学科」や「ライトノベル学科」または「ノベルス学科」などができています。

昔はとにかく投稿するしかデビューする近道はありませんでしたが、最近では賞に投稿する以外にも別のデビュー方法があります。

 

それはブランディングとしての出版です。

自分のブランディングを作成するために出版する方法です。

こちらに関しては、また別の機会に詳しく書いていこうかと思います。

スポンサードリンク