テラフォーマーズの原作者の貴家悠と橘賢一の印税はいくらぐらいか?

漫画「テラフォーマーズ」を、あなたはご存じですか?

原作・原案は貴家悠さん。

画作は橘賢一さん。

このコンビだからこそできる、傑作漫画の一つです。

では、漫画「テラフォーマーズ」ってどんな漫画なんでしょうか?

 テラフォーマーズの原作者はどんな人か?

まず、作者の貴家悠さん。

神奈川県出身の漫画家さんであり、今作で漫画原作者としてデビュー。

次に、橘賢一さん。

25歳(2003年)の時に「ぽっちゃりアニマックス」という作品で、期待賞と奨励賞を受賞。

「ラッキーセブンスター(週刊ヤングジャンプ)」という作品で連載を始めます。

 テラフォーマーズはどんなマンガなのか?

スポンサードリンク



ジャンルは、バトルアクションとSF。

2013年の「このマンガがすごい!(オトコ編)」で、なんと1位。

また、2013年の「全国書店員が選んだおすすめコミック2013」で2位。

2014年にアニメ化、OVA化、2016年に実写映画化を果たします。

 

作品の内容としては、こうである。

火星を開拓するために、放ったゴキブリたち。しかし奴らは、人型へと進化していた。

それが通称「テラフォーマーズ」。

そして、それを駆除するために、特別な手術を施された人間たちの戦いを描いた作品です。

貴家悠と橘賢一のテラフォーマーズの印税はいくらか?


漫画の売り上げで、切っても切れないのが「印税」である。

印税とは、例えば単行本の値段が一冊、「100円」だとします。

するとその1割、つまり「10円」が作者の懐に入ります。

漫画「テラフォーマーズ」の場合はタッグを組んでいるので、どういう割合で二人に入るのかは不明ですが、だいたいこんな感じ。

漫画「テラフォーマーズ」の発行部数は、2016年の時点で1600万部。

一冊の値段は555円。

つまり……

 

1600万(発行部数) × 555(円) × 0.1=8億8800万

と、いうことになります。

貴家悠と橘賢一のテラフォーマーズ印税のまとめ

近未来の漫画を描く漫画はたくさんあります。

しかしこの漫画「テラフォーマーズ」は、そんな中でも特異な漫画とも言えます。

ですが、1600万部も売り上げているんですよ?

絶対に面白いに決まっているはず!

さあ、あなたも書店へGO!