漫画印税

漫画『HUNTER×HUNTER』の原作者の富樫義博の印税はいくらか?

漫画家富樫義博さんと言えば、あなたは何の作品を思い浮かべますか?

「幽遊白書」という人もいれば、「レベルE」という人もいるでしょう。

でもやはり、中でも特に有名な作品と言えば「HUNTER×HUNTER」ではないでしょうか?

HUNTER×HUNTER原作者の富樫義博はどんな人か?

漫画家富樫義博さんは、1966年4月生まれ、山形県生まれの漫画家です。

大学在学中から漫画投稿を始めます。

そして、1987年に「とんだバースデイプレゼント」という作品で、週刊少年ジャンプにてデビューします。

その後、1989年に「てんで性悪キューピッド」という作品で、週刊少年ジャンプにて連載デビューを果たします。

それから、週刊少年ジャンプを拠点として、「幽遊白書」「HUNTER×HUNTER」などで確固たる地位を築きます。

 富樫義博のHUNTER×HUNTERはどんな作品?

現在、漫画家富樫義博さんが連載している、「HUNTER×HUNTER」。

では、一体どんなストーリーなのでしょうか?

 

ジャンルで言えば、「SF」「バトル」「冒険」「ファンタジー」「少年漫画」だと言われています。

この漫画は、主人公ゴン=フリークスが、父親ジンを探し会うために「ハンター」と呼ばれる職業となります。そして道中で会う仲間たちとの絆を描いた冒険活劇であります。

タイトルの逸話としては、作者富樫義博さんが「いろいろなハンターを描きたい」と考えていた時に、お笑いのダウンタウンさんが「なんで2回言うねん」という発言を聞き、そこから思いつつ「HUNTER×HUNTER」というタイトルが生まれたという話があります。

 富樫義博はHUNTER×HUNTERの印税でいくら稼いでいるのか?

漫画と言えば、気になるのが印税ですね。

では、この「HUNTER×HUNTER」はどのくらいの印税を叩きだしているのでしょうか?

まず、印税の計算式としては、0.1をかけます。

1割が作者の収入として入るからです。

そして、「HUNTER×HUNTER」の発行部数は約7000万部。

値段が420円とすると、計算式は……

 

420(円) × 7000万(部数) × 0.1(パーセント)=29億4000万

 

ということになります。

富樫義博のHUNTER×HUNTER印税のまとめ

ひ、一つの作品で、29億円!?

不定期連載とはいえ、これはとてつもない数ですね。

まだまだ終わりを見せない「HUNTER×HUNTER」。

これからも、読者の期待に応えてくれる作品であると思います。

願わくば、ずっと続けばいいなあ。

 

-漫画印税

© 2020 印税生活